info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パレロワイヤルはすんごく広い宴会場でホープ大賞で使うのは今年が初めてのようですがスポンサーの京急の系列ホテルだから提供されたということですかね?

CSフジテレビ721では6月3日に準決勝&決勝を、地上波フジテレビでも6月23日深夜に決勝をオンエア予定。
なのでネタバレいやな方は読まないでください。結果もネタもトークもバレまくりです。
降りしきる雨の中、外の集合場所に並ばされた。先に会場のホテルに行っても整理番号が無効になる可能性がありますのでこちらに集合してくださいというアナウンスに馬鹿正直に従ったのだが、結局、最初からロビーでのんびりと待っていた人が別に分けられていたわけでもなく整理番号順に並ぶときは紛れちゃってたから何だかなぁ~と。だったら寒い思いせずにロビーにいっていれば良かった。風邪悪化したわ。


第5回お笑いホープ大賞 決勝@ホテルグランパシフィックメリディアン パレロワイヤル
5/6 14:00-16:00?

司会はフジテレビの渡辺“カズ”和洋アナ&戸部洋子アナ。バラエティ専門アナのコンビね。
決勝は一般観客投票(1点)だけでなくマスコミ関係者投票(2点)、特別審査員4人※(各30点=分配自由)の合計によるとのこと。特別審査員の持ち点が多すぎじゃねーかっていう…。
※家田荘子、森田まさのり(マンガ「べしゃり暮らし」の作者)、熊田曜子、元祖爆笑王


予選のときのような出場者紹介は無く、すぐに前半6組、後半6組で一気にネタ披露。制限時間は6分間。(出場順は抽選で決定)


01 小島義雄 :そんなの関係ねぇ~OPAPIおっぱっぴー
  …冒頭が「どうしてこれで決勝に?」と思わせるようなネタなのも、「(時間制限の)赤いのが点滅してる、そんなの関係ねぇ」と言ってる時点では実はまだ4分たってるかたってないかぐらいで余裕があるはずなのに時間に追われる演技をするのも計算のうち、結構したたかなピン芸だと思う。それでもハマるおっぱっぴー。M-1敗者復活戦の後に呼ばれた髭男爵同様、6月のOA以降にエン○の神様に呼ばれちゃうかもしれないねー。(準決勝でエン○にネタ見せに行ったときの話をネタにしていたそうですが、他番組やイベントで人気が出てくると横取りしたがる傾向があるゴミPのことだからあり得ると思います。)

02 ハマカーン :漫才 人型ロボット(政治家、タクシー、医者、探偵)
  …「トップバッターなんで頑張っていきましょう!」と、おっぱっぴーを前座扱いw
  え~ロボットネタかよ冒険しねぇな~小心者め!と最初はちょっとがっかりした。でも(M-1勝ち上がりの友)ロボを持ってくるだけ本気で勝ちたいんだなとも。全体的に丁寧に演っていて良かった。〆がいつものお辞儀ポーズじゃ無かった。最近はそうなのか?

03 Bコース :漫才 刑事ドラマ
  …衣装は信号色スーツでいつもの漫才コントで。ああ苦手。いつまで若手ぶってやっていくつもり。

04 我が家 :ローテーション漫才 プロポーズ
  …面白いんだけどコントが観たかった。あとローテ漫才なら葬式ネタのほうが好き。

05 5番6番 :漫才 低年齢化、ゆとり教育
  …面白いけどちょっと地味なまとまり。

06 超新塾 :漫才 応援、救助
  …いつもの。

07 髭男爵 :貴族のショートコンツェルン(転校生、不動産屋、赤外線通信)
  …今回の会場に最もお似合いの衣装の二人。ネタ間の山田ルイ53世のしゃべりがどんどんスマートに面白くなっているような気がする。ホープ大賞歴代受賞者の名前に髭男爵を加えただけであんなに笑いが取れるとはw 間が良い。「さ、おりよう」「チケット代は募金です」「笑わないのはかっこわるい」名言多し。

08 どきどきキャンプ :コント コンビニへエロ本を買いにいく
  …すごい張ってる声が響き渡るのが何だか珍しい感じ。決勝にエロ本連呼ネタを持ってくるとはさすが。

09 弾丸ジャッキー :体操選手と自衛隊のショートコント
  …いつもの。だるまさんがころんだコエェw

10 THE GEESE :コント タクシー
  …否定と回避の会話。台場で「バブルへGO!!」観ないネタw 新しめの2007年モノのTHE GEESEで勝負するところが潔くてかっこいい。観客にも特別審査員にもきっと無二の個性を印象づけたことだろう。ただ今回のはメジャーな支持は受けづらいかなと思った。好きだけど。

11 キャン×キャン :漫才 観たいテレビ番組
  …得意ワザ山盛りの鉄板ネタで。珍しく長浜が一瞬詰まったんだけどすぐ盛り返した。強い。好きになれないけど。

12 風藤松原 :漫才 やだねぇ~
  …よくウケていた。台場でガチャピン&ムックの夢を壊すネタw そんなに回数を観ているわけではないんだけど観るたび必ずツボに入るフレーズがある。ペットのサリー(+ジミーという返し)。残りの松原がグリーンとモスグリーン。



集計待ち中、前回ホープ大賞優勝の東京03がネタ披露。三人旅の旅館でトヨミにカクタが告白するコント。オーシャンビュー!
豊本が単独で綺麗に処理したつるつるスネを生かせるのを持ってきたなー。気持ち悪い(褒めてる)。
今日一番爆笑したかもしれない。
受賞後の変化は営業先でそれまで「元気いっぱいの三人」とか漠然とした紹介だったのが「第4回ホープ大賞の」とつけられるようになったこと。賞金は事務所にだいぶ持っていかれて家賃に消えた。
東京03を3回も観た、私のGWだった。


結果発表前に一組ずつインタビュー。

小島:何を聞かれても「おっぱっぴーですね」「オーシャン・パシフィック・ピースです」(そうだったのか!) 戸部アナに流行るかもしれませんよと言われて「流行語大賞になった暁にはみんな遊びにいこうよ」

ハマ:今年は前説が良かったみたいで(笑)すごいイイ雰囲気で楽しかった。カズに、二人が出番直前に舞台袖でおまじないをしていることを暴露される。ニコラス・ケイジが映画でやっているポーズを二人で合わせてヨシッと目を合わせて出て行く。「それはマジで言ってほしくなかった!」照れ?
なぜか割り込む56猿橋「おまじないをワイプで流します」

Bコ:おっぱっぴーが頭から離れなかった、(小島に)今日サポーター穿いてないんですよって変な自慢された、初日の出(黄色の尻の間から頭がコンニチワ)披露

我が家:谷田部をわざと外側にしてあとの二人にマイクを向ける戸部アナw 谷田部「きのうもあったでしょ、このくだり!」 杉山が一カ所間違えた。坪倉「(このせいで破れたら)クビにしようかと」

56:OPAPIのジャケットを着てるとかわかりづらいボケをする猿橋。「袖でハマカーンはおまじないしてるらしいけど俺たちはディープキスやってる。両側から登場でできなかった」うぉい!「それは今ここでやるというフリ?」と乗っかるカズもカズ。

超新塾:今日は新塾コブラの誕生日。それは本当だが32なのに34と逆サバを読んだ。あまり意味のないウソをつく。

髭:貴族枠での選出w ホームだったのかアウェーだったのか。ネタ中のギャグで歴代ホープ大賞受賞者と自分たちを並べたら「いやいやいや!」ってあそこのマドモアゼルにほんいきで否定された。楽屋で誰も我々のことをライバル視しない。30万円=3000万ルネッサンス。

どきキャン:岸「おっぱっぴーうるせぇなって思ってます。おっぱっぴーの大会じゃないんでぇー。おっぱっぴーやめちまえ!」
隣のハマカーンにいけいけと押し出された小島「僕は大事に使っていこうと思ってるんですけど。みんな勝手に使うから磨り減る! おっぱっぴーはそんなのじゃないです!」と反論。

弾丸:床が滑りやすくロンダート殺し、弾丸ジャッキー殺しだったと不満を。「残念でしたねー」と軽く流す戸部アナ。あと火薬禁止だったとのこと。改めてポーズを決め。

ギース:非常に楽しくできた。雨の日は尾関の天パが大変。これ見たら湿度がわかります。95%です(ウソ)。
尾関「ほんとに優勝は狙ってませんので!」
カズ「じゃ結果も期待しておりません!」
戸部「おいしいこと言ったと思って……」

キャン:手応えなしです。ギースさんのネタに感動しながら出てきて空回り。カズ「(長浜が)楽屋でペットボトルをくわえながらウロウロしてましたね」長浜「昨日から何なの? 僕バッシング」

風松:いつもは松原が出たくないと言い出したりするが今日はおとなしく。松原「先輩方の尻ぬぐいをさせてもらいに」風藤「ほんとに怒らせちゃってるよ?」w
二人は一緒に住んでいるので、風藤が作った夕ご飯で卵焼きと豚肉を炒めたのを食べてきた。「おいしかったです」 家ではじゃれあったりしてるそう。




大賞発表。

元祖爆笑王から渡された封筒に金のハサミを入れるカズ。


第5回お笑いホープ大賞受賞者は

キャン×キャン

でしたー!

(つまんないぐらい予想どーり)
おめ!

受賞のことば。
玉城「相方は台詞を噛み」長浜「相方は毛根が禿げ」
去年はホープ大賞が初めてで何が何だかわからなかったが今年は雰囲気がわかったぶん対策はできた。
ありがとうございましたー!

優勝カップ、賞金30万円、副賞ホテルメリディアンパシフィックの宿泊券授与。


注目の2位は僅差で…

ハマカーン

だったそうです。
実に惜しい…!

結局、私の1票はここに入れた。
(ギースは好きだけど大賞としての票は集めづらいネタと思ったため。どうせなら2位に食い込む可能性が高そうなほうを…という意識があった)

浜谷「え~っ、だって来年優勝しなくちゃいけないじゃないですか~」
神田「今、その来年の分30万もらえないですか」w
浜谷「2位嬉しいー? いや悔しいー」

元祖爆笑王の講評「キャン×キャンは鉄板ネタを持ってきた…」に対して
浜谷「僕らも鉄板ネタ持ってきましたよー!」必死。
元爆「でも順番が、小島さんの後だったのが…」
おっぱっぴー、なぜか満面の笑み。
ハマとキャンの出番が逆だったらまた違ったかもしれない。


キャン×キャンから来年のハマカーンにアドバイスでも。
長浜「スポンサーにエ○パスを入れたほうが」
神田「姉貴のフィアンセだよ!」
浜谷「神田うのの名前を使わずに売れようと頑張ってきたんだよ! 涙ふけよ」
泣きまねをする神田が取り出したポケットチーフには、うのパンストが繋げて仕込んであった! エ~。
長浜「完全にパスしたみたいになってる…」
「エン○の味方」組で事前に打ち合わせでもしてたかのような連携プレイだった。


ハマカーン、「前年2位が優勝」ジンクスのプレッシャーに潰されるのではないかとちょっと心配ですが来年も頑張ってほしいですね。そこへTHE GEESEなり、今回は1回戦落ちのラバーガールなりのコント勢もトップ争いに加わって良い戦いを見せてほしいと思います。
あと、事務所ぐるみでの組○票を疑わざるを得ないような不自然な勝ち上がり方はなるべく減ってほしいね…難しいと思うけど。

出場芸人に好き嫌いはありましたが、お笑いファンとして見たら12組すべて滑り知らずのレベルの高い決勝戦でした。観戦できて良かったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。