info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人力舎の若手ライブBOMB!!が3日間復活。
9日と11日はネタと企画コーナーのライブで10日は立川トークライブ3本立て。
10日だけ観た。前後の日も気になったんですがねジンカーズやらダブルブッキングやらのゲストで。

長文注意。↓

BOMB!!again@プーク人形劇場
2007/07/10 19:00-21:05?

○ニッケルバック×男子
○ルーシー×ラムシャンプー
○ラバーガール×THE GEESE
各40分ぐらいの持ち時間。

3組中でニッケルバック×男子が一番、特にファンでなくても飽きさせないトークという意味では良かった。ニッケルバックの主な仕事はエンタの神様(アンジャッシュコント助演で)。それをアンジャ渡部さん本人の前で言ってしまってビートきよしばりの「うるせぇよ!」ツッコミを食らったw早出の薄毛ネタ、妹への思いが強すぎて言動に変態入ってきてるお兄ちゃんが面白かった。あとお兄ちゃんのライフセーバーのバイト体験談とか興味深かった。
ルーシー×ラムシャンプーは展開的にはぐだぐだだったのでガンバレと思ったけど…木村が田舎トークで熱弁ふるうさまとか、子供のころ森永LOVEでお誕生日会を開いた穴井の話に、森永LOVEて何すか?なラムシャンプーが、それってお菓子メーカーの森永じゃなくて盛長さんという個人経営のファーストフードだったんじゃ?ってどんどん想像がふくらんでいくくだりとかはちょっとおかしかった。


で、目玉企画?のラバーガール×THE GEESE

本来の立川トークは人が集まらないライブ。都心から遠いうえにドリンク代含め結構金がかかる。
(チケ代1000円、ドリンク代が別に500円)
飛永「内容は人力舎の内部事情を明かしたりが面白いんですけどね」
尾関「今日それ聞きたい!」

登場時、飛永大水尾関高佐で並んでいたが、ギース側はすぐ入れ替わって高佐尾関に。漫才じゃなくても立ち位置は気になるのね。
基本的に飛永が仕切ってた。常に上から目線な感じがちょっと気になったけども。自分がツッコまれないため、しっかりしてるように見られたいがための牽制かな。

ギースはトークライブ自体が初めて。一度、ブラックパイナーSOSと一緒にMCみたいなことをしたライブがあったけど、あの人たちはっちゃけていて自分たちが静かだから終わってから「ギース、もうちょっとがんばってほしかったよ」と怒られて「うっせーよ!」w 口には出してないですけど。いい人たちですけどね。
ラバーガールもブラックパイナーSOSと一緒だったときがあって、やっぱりはっちゃけてるからこっちはシュンとしちゃって。意外なブラパイ繋がり。
今日はノリが近いから嬉しい。尾関「う、うれしいですよ…」言い方が気持ち悪い。


○年齢差
飛永大水24歳、高佐26歳、尾関29歳。
尾関、ラバガが5個下って聞いて引いた。4とか6はいいけど5は最悪。6年生のとき1年生。
飛永「5年後こうなりたくないな。さっき打ち合わせしてるときに顔に鼻くそがついていた。指摘してしばらくしたら鼻毛が鼻の上についていた」
ラバガはギースが3歳違いコンビということを今日初めて知った。同い年と思っていた。
話とか合うんですか?
高佐「3つぐらいだったらね」


○誰に似てるか
尾関は伊藤英明とか要潤。
でも、この前オンバト収録で一緒だったキングオブコメディ高橋さんに
「尾関くん、に似てるよね」
と言われた。
飛永「あー鬼だ、わかる!」 客席もすごい共感の空気。
実際、小学生のとき鬼って言われていた。
似てるといわれて要潤とか伊藤英明がちょっと気になる。好き。
(このあたりからちょくちょく尾関さんゲイですか?ツッコミを入れられる)
鬼と要潤は似てないのに。間に尾関さん。系統は一緒。
速見もこみちのいまいちみたいに、いまいち要潤みたいなときにCMに出れば?
高佐は田中美佐子。全然意識してなかったのに、似てると言われるとドラマを見ていても血縁的な親近感。
大水は瑛太、ピ(rain)、中国の女子バレー選手にそっくりな人がいる(見たい!)。
飛永は神奈月、コジコジくん(さくらももこ漫画)、(尾関が言った)クマのプー太郎(中川いさみ漫画)。


○ゲンセキ
TBSの若手発掘番組「ゲンセキ」で初めて出会った2組。
当時はフリーだったギース。
ラバーガールという名前は知ってたから、こいつらがラバーガールかーと。
みんな若かったからライバル意識でね…
でもめちゃめちゃ話かけてきたよ尾関さんw すぐ携帯番号を聞いてきた。


ゲンセキは作家の人と打ち合わせしてネタを変えていった。
(うーん、そうか…。あの番組もガチンコではなかったのねと微妙な気持ちに)
ギースは歩行者教習所がわかりにくいからってなぜか東京ウォーキング教習所に変えさせられた。
ラバガは変えろと言われたのに変えなかったと聞いて、すごい人たちだなと。
でも実は最初すごい変えられて原型をとどめない状態になった。帰ってから冷静になって考えて「なんで2人ともホモの役になってんだろう? やばい、元に戻そう」と翌日スタッフに元に戻していいですかと言ったら「そうだね、昨日は夜のテンションだったからね」とw
そういうのはよくある。ラバガはエンタの神様で、ベイブルースコントの後ろから抱きかかえるようにバッティングフォームを指導する場面をわかりにくいからってピッチャーをやる形に変えられたり。


○尾関って…
尾関は大水のことをミッシー、飛永のことをトビー、自分のことをオジェックと呼びたがるくせに「大水くん、いや違うミッシー」と呼び直すのが気になるのでやめてほしい。
大水と尾関は何度か大水の家で料理を作って食べている。
この話になって急に大水の隣に寄ってきた尾関にビクッとする大水「コワイよ」。
最初の餃子、大成功! 今まで食べたなかで一番旨かった。
次にやった鍋、大失敗!
締めにゆでてないラーメンを入れたらべちゃべちゃに。
それに、これから貧しい俺たちが鍋をやろうというときに大水が「昨日エンタのディレクターさんと超おいしい鍋を食べた」って話をしたのが超頭にきた尾関。
大水「でも言いましたよ、昨日の鍋より今日の鍋がおいしいって」
飛永「二人はつきあってるんですか。彼女みたいな会話」

オンバト広島収録終わりで何か食べにいこうとしたとき、尾関が広島出身だから「まかして」と言っておきながら、まず本屋でお好み焼きの店が書いてある本を買いにいこうと言い出す。「誰でもできる!」
結局、お好み焼き村にいった。
期待した目をするミッシーのプレッシャーにたえられなくて…。
あまりおいしくなくて結局いい思い出のないまま帰った。

高佐「(尾関は)まー遅刻する! 10分遅れると言ったら30分遅れてくる」
尾関「オジェックの3倍理論」
マネージャーから連絡先の電話番号をメモしろと言われたのに筆記用具が全くなく、足下の水たまりの水で道路にメモするもすぐぼやけて読めなくなった。社会人としてやっていけない尾関。ほんの4日前の話。

尾関が飛永に「チャーハン専門店ってないよね? それやろうと思ってるんだ」と言ってきたことがあって、飛永「いや普通にあるし何軒か知ってますよ」と言ったら、エーーッ(頭抱えて)とショックを受けていた。
考えていた店の名前「ラーの教え」。でもチャーハン屋。珍しい名前のほうがはやる。

トーク中、突然ミッシーをシュンスケと呼び間違えるオジェック。
シュンスケって誰! シュンスケが本命か?と3人にツッコまれ。
ますますゲイ疑惑が。

尾関「俺とミッシーが食べにいくときは5つ年上だから多く払いたい。
でもリアルに稼ぎとしてはきっとラバーガールのほうが稼いでる。どうしたらいいのか…」
飛永「おごってくださいよ」
尾関「それは無理だよー」

高佐から見ても、年上だからしっかりしてほしいけど超天然。
そば屋に衣装のスーツのまま行って、高佐のネクタイがつゆにつきそうになって危ないよと注意してくれたとたんに尾関のネクタイがどっぷりとつゆにつかっていた。


○コンビ名
ギースのコンビ名候補【シャツ】
『シャツ単独ライブ1枚目』(ありそうw)
基本衣装はシャツ。
ラバガのコンビ名候補【大人】
「はい、どーも大人です」と言いたかった。
『シャツと大人のトークライブ』

ラバガのコンビ名候補2【バックボーン】
ギースのコンビ名候補2【弟子】
『大人と弟子のトークライブ』

…やっぱりラバーガールとTHE GEESEにしてよかった。


○女性の好みのタイプ
尾関は超年上がいい。千堂あきほ。マジカルバナナを元気にやって、ヤンキーっぽくて姉御肌、ソバージュみたいな。
飛永父は千堂あきほが大嫌い。息子で千堂あきほを結婚相手として連れていったら大げんかだね。
高佐は田中美佐子w 年上に甘えたい派。包んでくれるような。
尾関「愛情に飢えてるみたい」
50歳でもいい、黒木瞳は47~8歳、という揃って年上好きなギースに対して、そりゃあ黒木瞳ならアリだけど平均的な40代は厳しいんじゃ?というラバガ。
(それが普通の20代青年意見だと思う…)
飛永に「大水くん見た目はあれだけど中身はチャラいからなー」と言われた大水はポッキーCMのガッキー(新垣結衣)。でも目の前であの動きやられたら腹立つけど。でも元気ある子。
飛永はドラマの中の深津絵里。恋がすごい下手な女性が酔っぱらった気になってる上司にふいに抱きつかれてとまどってどうしたらいいんだろうって顔が好き!ってなりきってみせる飛永がちょっとキモ面白かった。


○エロ本エピソード
尾関。中学の頃はちょっとデブ。化学部で部員4人が全員デブ。痩せようと気になるアゴ周りにラップを巻いてマラソンをした。普通のデブよりエロかったからマラソンと同時にエロ本を拾うことに。帰ってベッドの下に入れていたが溜まってくると捨て場所に困って、マンションのエレベーターの隙間から1冊ずつ落としていた。あるときエレベーターが止まってしまい何かが下に溜まっていると作業した人が取り出してみたらエロ本が数百冊出てきた。地層みたいに。
それだけマラソンもしたってのがすごい。確かにちょっと痩せた。
高佐。最近、妹と暮らし始めて引っ越したばかりでテレビがないから(ないからって今どき…?)エロ本を買っていた。単独ライブを観に両親が部屋を訪ねてくるのでファンシーケースの服の奥に隠しておいたら(隠す仕草のパントマイムが細かい)、帰ってきたら机の上に置いてあった。26になってこんなことされるんだって。
飛永。中学時代、帰り道でエロ本を見つけたが雨に濡れて汚かったので迷って拾わずに帰った。その2時間ぐらい後にお父さんがそのエロ本を拾って帰ってきた。
大水。中学時代、机の引き出しを引いたその奥のカラクリみたいになった空間にエロ本を隠していた。毎日そこに右腕を伸ばして出し入れしていたせいでか今も右腕のほうが左腕より長い。


…個人的な印象だけどギースの話は作り入っていそう。エレベーターのなんて本当だったら大事故だもの。去年のBOMB!!ゲストで出たとき企画で話していたエピソードも二人とも全くの嘘だったからなー。得意そう。でもまぁ嘘も方便だし芸人だし面白ければいいんですが。


今回のトークライブ相手に考えていたのは、1位ギース、2位ハリセンボン、3位福澤さん(エンタ司会の。呼べないと思いますけど)だった。1位指名が応えてくれてよかった。


エンディングで出演者全員出てきたときルーシーやニッケルバックに口々に
「最後がエロ本の話?!」「下ネタやらないって言ってたのに!」とツッコまれていた。
エロ話はまた通常の立川トークで、と。



仲がいい二組とはいえ他事務所同士ではなかなかトークしているのを観ることはできないので行ってよかった。
大水ブログで「近い将来、波長の近い芸人さんと一緒に何かしら面白いことができればいいなあ」と言ってますが、それほんとに実現を期待してもいいんですか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。