info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三軒茶屋でNの方向を観てきました。
http://www.n-houkou.net/

Nの方向。作家3人のユニットでコントを作り出してます。上演時間は1時間ちょっとと短めで、劇場ではない場所でやるのが特徴…でしょうか。2月に自由が丘のお金持ちの家のリビングで上演された前回公演を単純にギース目当てで何もわからずに観にいったら何だかおもしろかった(感想未up)ので今回も。



昭和の香り漂う隠れ家のような、ほんとわっかりづらい路地の奥にあるカフェでした。
今度トラムかパブリックシアターに観劇に来たときにでもランチ狙ってみよう。豆たっぷりカレー気になる。
古めかしい焦茶色のクーラーと白いエアコンが交互に壁についているのだけど数が多すぎる…。

1回60人ちょいぐらいしか入れられないのね。ソファとダイニング椅子と丸イスで客が三方から囲み、高さが同じ、中心のスペースで演じられるコント。


Nの方向「二〇〇七年九月 三軒茶屋」@RAIN ON THE ROOF
2007/09/09 16:00-


今回もまったりな空気。全体的には前回よりメリハリがあって面白さアップ。 ただ、雑談風のところがやや段取りっぽくなったかな。

◇:雑談風の前フリ ◎:それをふまえてのコント

◇自分が誰かと入れ替わっても世の中は変わらない
 …どんどん入れ替わっていくのにそのことにうっすらと気づいたり全く気づかなかったり。混乱して誰だかわからなくなった人に「誰ですか?」「…山さんだよ」
◎山さん
 …お見合いパーティーの控え室。スタッフがカップル成立率があがるアクセントとしてニックネームで呼び合いましょうと提案するが集まった男たち全員子供の頃から「山さん」としか呼ばれたことがない「山さん」で…
◇女の人は仕事をしている男に弱い
 …そこの泣いている子供を泣きやまさせる仕事やってみて。(大きい風船を膨らませて持たせてあげるパントマイム)←これは日替わりだったらしい。
◎潜水艦
 …緊迫した事態に的確な仕事をこなす男たち。しかし指示・報告しあう合間に「せんだみつおゲーム」が挟み込まれる。
◇見栄を張る(?)
…泳げないのに泳げると言ってしまう。
◎思ってもいないことを言う会
◇(このあたりの雑談とコントの前後の記憶があやふや)
◎こだま
 …バツイチの新幹線運転手が再婚したばかりの妻を運転席に乗せる。妻は操縦機器にやたら詳しいマニアらしく『あたし、夢かなえてるよー』 本当はダメだけど「こだま」だから大丈夫さ。おまえのためなら何でもできる。でも前の奥さんは「のぞみ」博多行に乗せたと聞いて激しくヤキモチをやく妻(身長190cm)。



・私は逆に子供のころ「山ちゃん」で「山さん」にはならなかったから妙にツボな「山さん」。本名が山山(やまさん)一郎、山さんの中の本物の山さんて何だw

・潜水艦はシリアスな芝居してるのにスピードアップした「せんだ」「みつお」「ナハナハ」! 倒れた船員への呼びかけ「○○(役名)」「しっかりしろ」「がんばれ」もリズムとアクションはせんだみつおゲームのまま。
 
・思ってもいないことを言う会は最初は本当に思ってもいなさそうな偽善的な言葉を出し合うがだんだん本当に思ってんじゃないの?という変態的な願望が。ギースの言葉しばり系コントっぽいから作家同じかなと推測。

・笑ったのは「こだま」コント。なぜあんなwなのにオモシロと妙なカワイさが共存してるんだろうか尾関の女役は絶妙です。運転席に女乗せまくりな公私混同夫が高佐。木訥なツッコミの春山車掌。私情で飛ばされる沼津きのどくーw(しかし現実は「こだま」は沼津には止まらないのだそう…せつない、あずささん!(妻))
mixiボケはインスタントに笑いは取れるんだけど安易、ありがちじゃないか?って気が。お笑いライブでもネタに取り入れてる若手をわりとよく見るから。

 
漠然としたまとまりない端的感想ですが。別の角度からもう一度観たかったぐらい楽しかったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。