info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アキハバラ@DEEP:オフィシャルサイト

石田衣良原作の小説(マンガも)をセルDVD用にドラマ化、DVD発売前の先行放映で毎週月曜と火曜の深夜にTBSで大量のスポットCMの間に挟みこむように流されているドラマを観ている。全12回で今夜が第5話。明日が第6話でちょうど折り返し地点だ。


なんでこの(お笑いヲチの)ブログで書くかといえば、芸人がちょこちょこ出演してるから。
まずレギュラーキャストでは、ダルマ役のバナナマン日村、メイド喫茶常連のオタク3人組にバナナマン設楽とダブルブッキング。役名が設楽オタク、黒田オタク、川元オタク。まぁ設楽がよく冗談めかして言う「日村のバーター」だとしても、それぞれキモさを出して演技頑張ってる。ブログを覗くとダブル本人たちは凹んでるみたいだけど。川元が相づちをうったりリアクションの動きをするだけでなくて、長い台詞を言う日は来るのか。気になる。日村ダルマの見どころはコスプレ百変化。
あと今日の第5話だけと思われるけど、なんか見覚えのある顔が?と思ったらオキシジェンの二人だった。三好どアップ多用に耐えられなかった(…ゴメン。日村のアップは平気なのになんでだろ。今回の話の怖い部分を担っていたからかな)。開始早々に殺されちゃう田中、不憫。
ホリプロコム組とは別に特技を生かして第2回に登場したのは、とろサーモン久保田。キャットファイトのレフェリー役でMCもかなり長くて、もしかしてアドリブ入れちゃってる?ってぐらい気持ちよさそうにやってたな~。


最初のキッカケはボックスの中の人めあてだったものの、ついついリアルタイムでどっぷり観てしまうぐらい(翌日眠いったら)結構ハマってる。劣化版IWGPとか言われようと、そのB級っぽさ、ツメの甘さがかえって味じゃないかと。

全く別物の映画版が制作中らしいけどキレイめな出来を目指してるような印象を受けるキャストとスタッフに違和感。泥臭いドラマ版を応援したい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。