info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカアンドトシ新作単独ライブ タカトシ寄席 欧米ツアー2006(東京)~つゆなのに、やる。~@ルミネtheよしもと

…タイトル長っ。札幌広島福岡名古屋大阪と廻ってきたツアー最終日の東京公演を観てきた。
とっても素晴らしかったです!
席は決して良くない後方端っこ(隣に立見の人たちがワサワサ騒がしい)だったけど、そんなの関係なく2時間弱集中して笑い通しだったし最後には感動さえした。
東京で1回だけって少なすぎね。完成度高いライブだったのにナマで観られる人が少ないのはモッタイナイ。でも今夜のステージを収録したDVDが10月下旬~11月上旬頃に発売されるらしいから今回逃した方はそれをゼヒ。特典映像に地方での様子も入るみたい。

グッズにチェリーパイが! 中身いちごジャムだけどね。(詐欺か!)
あとはサイン入りポスター、タカデザインのライオン柄がプリントされたオレンジか赤?色地のTシャツ、通常ルミネで売ってるストラップやステッカー。
終演後にはネタ中に出てきた歌のCDも600円で100枚限定販売。私は買わなかったが売場は押すな押すなの戦争だった模様。
東京公演限定「おみやげ」はミスタードーナツ「タカアンドトシアンドサキ」TVCM集DVD(非売品。サキは言わずと知れた相武紗季)。

↓以下ライブ内容あり↓
DVDまで楽しみにしたい方は見ないほうが良いっすよ

↓ネ
↓タ
↓バ
↓レ


単独ライブって、その芸人が普段得意とする形態とは違う実験ネタも入れてみることが多いような気がするけど、このツアーはオール新作漫才。漫才オンリー。この潔さがカッコよくて、シンプルだけど圧巻だった。グッジョブ鈴木おさむ!…ってことになるのか?←構成・演出  もちろんバラエティに富んで濃く面白いネタを作り演じたのはタカトシ当人たちに違いないけど、この形式のアイデアを出したりネタを効果的に配置したのが彼なら。

MCジャッキー小林(声:小林克也、黒タキシードを着て、メガネかけたオッサンのフェイスマスクを被った男[中の人、誰?]がアテブリ)がタカアンドトシの漫才ベストテンをカウントダウン形式で紹介していく。
舞台には真っ白な衝立とその前にマイク1本のみ。衣装はトシがダークグレー?地に細かい黒ストライプが入ったスーツに黒ネクタイ、タカが前にライオン柄(グッズのと同じ)がプリントされている半袖ポロシャツを1ネタごとに色違いのに着替えて(まさにお色直し)計11着。下は何色のパンツだった?シャツのインパクトが強すぎて失念した。 ↓の[]内はそのシャツ色です。メモったった。

第10位 ○○か!漫才 [濃オレンジ]
 …普通の~か!漫才だが初っぱなから見事に心ツカまれた。あるフレーズが第1位でまた生きる楽しさも。
第9位 刑事漫才 [緑白ボーダー]
 …別名・手錠漫才かな。痛そーだがS心そそるー
第8位 心の声漫才 [クリーム]
 …口くさっ、とか。必要以上に顔が近づいてくる恐怖の心の声のおかしみ。
第7位 しりとり漫才 [茶]
第6位 100個ボケ漫才 [黒白ボーダー]
 …タカの怒濤のボケ倒しを黒子が1から100までの紙をめくってカウントアップしていく。タカの卑怯なボケ稼ぎと黒子の軽いカウントめくりようの両方にツッコんで忙しいトシ。
第5位 つっこみたい漫才 [ピンク]
 …タカがボケない。トシ、つっこみたさに百面相。
第4位 頭の中の消しゴム漫才 [白]
 …パンという言葉さえ忘れる


20位~11位をダイジェストで紹介。 [黒]
 …ほとんどが瞬間芸、長くても1分未満のショート漫才ながら面白い。フルで観たい。いや短さが面白さを生かすのか? アンケートにこの中でロングバージョンで観たいのは?とかいう項目があったからリクエストが多いネタはどこかでフルサイズで観ることができるのかも。あ、それを新たに撮ってDVDに入れてくれって書いてくればよかったー。でも、そのためのアンケートって可能性はあるよね。

第20位 欧米か!漫才 
第19位 関西弁漫才   …20位のをそのまま関西弁で。欧米やん! ぎこちない!
第18位 他人行儀漫才  …言おうとする言葉がカブるといやいやどうぞどうぞって他人行儀に敬語で譲り合う
第17位 歴史漫才   …なんかすごいシンプルだった。小学生が習うレベルの歴史上の人物の。
第16位 英語漫才  …これも10秒ぐらいの単純なの。胡散臭い英語で。
第15位 奇跡漫才アンビリーバブル(アンケート表記のまま)  …こんなタイトルの番組(こちらの表記はアンビリバボー)の冒頭で語るあの人のモノマネ。ある意味期待ハズレだよ!w
第14位 ナルシスト漫才    …ベタで好きだ。トシが長めのヅラ着用
第13位 タイガーマスク漫才  …これも瞬殺ながら好き。
第12位 噛んだら終わり漫才  …滑舌勝負な単語だらけの漫才。トシが噛んだところで赤い照明があたってアウト(頭抱えて終了)
第11位 オカマンザイ  … ……お、おすピー?



第3位 歌漫才 [緑グレー白ボーダー]
 …アンダスタン理解~♪(腕組み)が妙におかしい 
第2位 動くよ!漫才 [濃エメラルドグリーン]
 …特に今まで観たことないぐらい動くトシが愛おしいよ。タカもついていくよ。好みではこれが一番かも。
第1位 ○○か!漫才MAX [赤]
 …まさに集大成。20位~2位のフレーズもいくつか反映させて畳みかけていくネタ。6位での黒子も再登場してタカトシと三角関係みたいに。とにかく勢いがあって爽快な〆。



エンディングのスタッフロール(バックにレコーディング風景ショット)に歌漫才で作った歌「想い出道」が流れる。そういえばタカって歌うまかったねと思い出した。余談だが、また7月の歌うまい芸人のカラオケ番組に出るらしいね。


トシはYシャツの上に薄グリーンのライオンシャツを着て、タカは赤シャツのまま再登場、ごあいさつ。

グッズで例のトリのトレーナーを売ろうとしたが、あれはカンザス大学のキャラクターでアメリカは訴訟大国だから「タカトシ訴えられる。まさに欧米か!」になっちゃうからタカが描いたデザインのシャツに替えた。
トリのを着たお客さんも何人かいたけどチェンジして、買ってください。
今日のが10月下旬から11月上旬の間ぐらいにDVDになって地方での様子も特典映像に入るので、買ってください。
買ってくださいばっかりだね。
歌がCDになって600円で100枚売っています。ぜひ買っていただきたい。
また買ってくださいだよ。
全国まわれるのはいいね。反応が違う。出来具合も変わる。やっぱり初日の札幌のときは荒削りだったからね。
札幌はダメだったと全否定するタカ。札幌の人に聞かれたら怒られるよぉと諫めるトシ。
ルミネはホームだから良かったね。いっぱい笑ってくれてありがとうございます。
(いやいや、こちらこそいっぱい笑わせてくれてありがとうだよ)
これからもタカアンドトシをよろしくお願いします! と言いながら幕が閉まるまでずっと深々とお辞儀していた二人だった。


26日午後追記:
タカが久しぶりにブログを更新していた。外出先で携帯から読んでたら涙が出てきて困ったよー。泣かせるなバカー。欧米ツアーを実現させた言い出しっぺのマネージャー、イイ仕事してるね。敏腕だね。
スポンサーサイト
テーマ:タカアンドトシ
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。