info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆笑オンエアバトル9月2日1部収録に審査員で参加。
観覧は何度もしてるけど審査員は初めてですよ。


受付でもらう入館証を首からさげて審査員は一列になってゾロゾロとNHK館内にある説明会をやる部屋まで連行される。前の人を見失うと迷子になりますよーとかおどされながら。たしかに方向音痴の人にははぐれたらヤバそうな複雑な道のり。
自分の整理番号が入ったジャッジペーパーをもらい、名物プロデューサー井上センセイからの説明を受ける。前説芸人と塚原アナには励ましの言葉を書いてあげてというリクエスト。

そのあと向かいのふれあいホールに審査員がぞろぞろと列を作って向かっていたら、ホールの裏口から外に出ていた某芸人がこちらに向かってニッコニコでおじぎしてくれた。それ何アピール?



ネタ披露順とその後のトークを先にあげ、オンエア後に結果と計量後のコメントをレポします。
10月27日深夜OA予定。

↓以下からネタバレ↓






(ネタ披露順) 名前の後ろの(○)=私はタマ流した  ※個人的感想  …ネタ後トーク 

私の好みや笑った等の感想は結果とは関係ないです。ネタのタイトルもテキトーにつけてます。

自分がゴロゴロしたのをさし引いてもやたらハラハラした計量だった。チャンピオン大会を本気で狙って来てそうなメンツ率高くて。いよいよシーズン後半に入ったんだなという実感。だからとても楽しかったけど緊張感もあった。


前説■ホール&キッチン
:漫才 夏祭り
 ※夏祭りデートでおみくじを引くカップルの漫才コント。
 …いきなりネタに入らずに客席と絡もうとしたり盛り上げようという心意気は良し。ちょっとボケのスケールが小ぢんまりとしたネタ。本戦に来たら正直まだオフエアレベルとは思うけどどうか。


1■span!  
:漫才 パントマイム
 ※初出場。見た目に華があるコンビ。黒髪ノッポ(記憶喪失ピアノマン似)と金髪チビ(キンコン梶原似)で覚えやすい。ネタは賑やかだがボケが同じパターンの繰り返しで後半飽きた。
 …バケツの中の赤いボールを見て「イチゴ狩り」。「東京でネタをやるの初めて」と言ってたけど、たしか「ゲンセキ」メンバーだよね? 当時は機会なかったのか。


2■πr
:コント 殉職
 ※先輩刑事に無茶な要求を続ける後輩刑事。後輩のボケが笑いとして昇華してなくて、ただイラッとさせるだけに終わっていて残念。
 …(どっちかの)円形脱毛症のハゲ部分を油性ペンで塗ってきた。塚原アナ「メイクさんが黒い粉みたいなのを持っているからそれを使えば…」「あったんですか? くださいよー!」


3■トータルテンボス (○)
:漫才 究極の選択
 ※笑った記憶はあるんだけど、どんなネタだったっけ?と思い出そうとすると説明できない。世界があちこちに拡散していたイメージ。
 …パパイヤ鈴木、葉加瀬太郎、具志堅用高…と藤田で人ボケを繰り返す大村にいちいち騙される塚原アナ。渋谷で藤田をスキマスイッチ常田と思いこんで取り囲んでいた女子中学生を見て、勘違いを加速させるためそれっぽいこと(音楽に関すること)で藤田に話しかけた大村。「彼女たちはきっと本物だと思いこんでミクシィとかで書いてますよ」 いやミクシィは中学生はできない建前ですが。


4■原田16才 (○)
:コント 牛丼屋のバイト
 ※憧れの先輩バイト(女)と一人二役で。この生き生きとしたハジけようを一度オンエアさせたい気分になってしまった。
 …実際のバイトでは下○沢の大○屋(バレバレ)にお勤めらしいです。


5■マチコ (○)
:コント しりとり
 ※ユルーい流れだったが結構面白かった。
 …勝叉?の字がすごく汚い。まっすぐに書けない。コント台本を書いても読めなくて二度手間。ボールペン字講座に申し込もうと資料請求のハガキを書いたら宛先不明で返ってきた。(最後はネタっぽいよ笑)


6■レム色 (○)
:回文テクノ
 ※たたみかけに勢いがあったと思う。相変わらず、ちょっとは出し惜しみしていいんじゃないかという量の回文投入。
 …とてもビビリな渡辺の話。実家で一人で留守番中、外に面したトイレの窓を開けて用を足して出てきたらドアがカチャッといって開かなくなってしまった。もしかしたら空き巣か誰か不審者が窓から入って潜んでるのかも?!と想像で怖くなって110番。パトカーが3台も来てますますビビるハメに。結局中には誰もいなかった。警察の人に、回文という説明なく「さすがに犯人は逃がすさ」と言ったら「今日は犯人いなかったですからね」と流された。(そりゃそうだ) 土下座する勢いでパトカーを見送った。
二人が退場したあと「あんな強そうな格好をしていらっしゃるのにねぇ…」と呟いた塚原アナ(笑)


7■プラスマイナス (○)
:漫才 戦国時代
 ※楽しそうな漫才が良い。が、ちょっと喧しくも感じる。タマ転がすか否かかなり迷ったうちの一組。
 …CMグランプリの撮影のため岩橋が坊主頭になった。電車の中で咳き込んだら飛び出したガム?が目の前のおじさんのハゲ頭にくっついた。


8■THE GEESE (○)
:コント 聴力検査
 ※高佐ボケ、尾関ツッコミの形。聞こえてしまう言葉に旬なものも織り込まれてた。(オンエア時には旬を逃してるか?)
 …でっかい尾関エピソード。電車で座っていて降りるときに立ち上がったら、目の前にいた小学生がすごいビックリしていた。同じく電車で降りるとき出口より背が高いため少し頭をかがめて出たら、乗ろうと待っていたおばあさんに(待ってくれてありがとうのお辞儀と思われて)会釈されてしまった。


9■ジャンファンカ
:漫才 接続詞、四字熟語
 ※ツカミの片桐はいり、髪型がそれっぽいだけで実は似てないから寒い。全体に空回りな感じ。
 …ごめんなさい、トークネタ忘れた。(ジャッジペーパーにダメ出しいっぱい書いてたのかな?)


10■タイムマシーン3号
:漫才 車の衝突事故
 ※掛け合いが不自然に感じられて素直に笑えなかった。他9組との相対評価ならオンエアレベルなんだけどタイマ自身の絶対評価でいくと今までのネタと比べて良かったとは言い難かったため迷いまくってタマ流さず。結果的には天邪鬼になってちょうど良かったのかも?(意味深)
 …オンバトが流れているグアムに行ったら、関が免税店でなぜかやたらとブランド物の香水を勧められた。


結果は? 10月末までお楽しみに。



ついでに
◎2部出場者(五十音順) OA日=11月3日深夜
※こちらは観覧してないです

エンジョイワ→クス
クールポコ
三拍子
JJポリマー
ダイアン
タカアンドトシ
チョップリン
ニッケルバック
Hi-Hi
星野卓也

タカトシ、キター!!

磁石またコネー(:_;)
次回収録日は多摩のライブと被ってるからムリだし、やはり卒業決定なのかー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。