info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回キングオブコメディのトークライブ@新宿バイタス
9/25 19:00-21:15?

第1回は行けず初参戦。企画と称していたコーナーも完全にトークのみだったけどいっぱい笑ったー。
簡単にレポしようと書き始めたらアレもコレもってポロポロ思い出してとんでもない量になってきたのでまとめきらずに投げちゃいます。長くて読みづらくてゴメンナサイ。
高橋は白地にオレンジのロゴのTシャツにジーンズ、今野は細かーい花かペイズリーっぽい柄の入った長袖シャツにグレーのパンツ。


◎フリートーク
今野「2回目でも(客)入るんですねぇ」
…満席+通路にいくつか補助席を出していた。
・時節系トーク
今野「暑さ寒さも彼岸まででお彼岸の次の日から急に寒くなるんだって」
高橋「お彼岸っていつぐらいなの?」
今野「わからない。最近だよ最近」

・高橋は夏男
サーフィンをやってる。角田さんと素人講習会へ。
インストラクターに「角田さん、ヤクザ乗りですよ」と名指しで注意されてた。「高橋さんは良いです。経験者?」と聞かれて、中学時代に10分間やっただけだから「初めて」と答えたら、それを聞いていた角田「嘘ついたでしょ? ずるい、“初めてなのに巧い”って思われて! 10分でも1回は1回だからね!」笑 あの人間の小ささ、東京03のコントはドキュメント。
昼はサーフィン、夜はローラーブレード。更にバイクの教習所通い。
ローラーブレードは特に5~6年前にハマっていた。お金がなくて既に30歳ぐらいだったから朝4時に公園で、肘や腰にタオルを巻いてフルフェイスのヘルメットで練習していた。
教習所は400ccのバイクに乗るため。同じ時期に入所した18歳ぐらいの男の子、ヒョロヒョロで体力無さ過ぎてしょっちゅうガッシャーンてバイクを倒してるのが気になる。
…このときバイクを持ち上げようとしても腰が入らずプルプルしてるその男子のマネをする高橋が面白かった。

・今野は新しくやってみたいことない? 
会計士、水上スキー、スキューバ…
ビックカメラの100人に1人タダ!みたいなサービスは店全体の売り上げからすると1%引きという理論を本で読んで「よし、会計士になろう」。芸人専門の会計士になって確定申告を全部請け負って還付金の何割かを…。
草野キッドで10mから高飛び込みしたとき、水に入ると上下がわからなくなってコワかった。あれは咄嗟に思いついて(ちょっと自慢げ)息を吹いてみたら泡の上がっていく方向でわかったの。
・1年後にサーフィンとスキューバで共演しよう。
…↑実現しなさそー。趣味について早口でしゃべりまくる高橋の熱弁を、「へぇー楽しいんだぁ」「アグレッシブだねー」「ほほぉ~ん」とか相づちを打って少し引いて聞いてあげてる今野がお兄ちゃんっぽかった。実年齢差に関係なく。


◎ゲスト1:ガッポリ建設
※掲示板が荒らされまくり(エロサイト宣伝にもいちいち返信コメントしているらしい)公式サイトを見たんだがプロフィールでサバ読んでるのか?室田30歳と小堀34歳になってる。でも今日は室田36歳、小堀40歳と言っていた。たぶん後者が本当なんだろうけど掴みどころがないオッサンたちだわ。

・ペットボトルのお茶(しかも1リットルのやつ)持参で登場するガッポリ。
・今野がゲットスマイルズの頃に知り合って、それ以来ライブで一緒になるとよく話す仲。室田(左のメガネヒゲ赤ニッカポッカ)と今野がお互いにパンチしてジャレあってるさまはまるで親子。
・小堀(右の青ニッカ)は営業成績優秀だったサラリーマン→噺ができない落語家5年→ガッポリ組んで10年。室田は実は本名が林リュウタロウというカッコいい名前。ダメ会社のダメ社員っぽい芸名にした。ちなみに母の名前が林マスミで得意料理がカレー。
・室田が舞台に持ってきた携帯に着信が。しかも出ちゃったよ! 奥さんから。高橋が電話を替わって用件を尋ねると「夜はどうするの?」。性生活?と食いつく高橋。夜ごはんですよ。
・大阪で飛び込みで松竹の舞台に出してもらった。次にbaseよしもとにいったら仲がいいレギュラーがいたから頼み込んでまた飛び込みで出た。全然ウケなかった。松竹と吉本は対立関係にあるから勝手に動くとよくないんだよねー。高橋「思いっきり自由じゃないですか!」
・室田は交友関係がすごい。その携帯メモリーを見せてもらう。さっき言ってた母「林マスミ」から着信が入ってた。大物師匠クラスからエンタ芸人、人力舎若手(ラムシャンプーとか)まで幅広いラインナップ。


◎ゲスト2:ドランクドラゴン塚地武雅
塚っちゃん! とたんにテンションあがる客。今野「ガッポリに失礼だろ」
・塚地がいいとも出演後に事務所へエンタのネタ作りに行ったら(鈴木はその時点で「じゃあ帰るわ」)、今野がひとりで週刊プレイボーイの「ライオンズファンから観たプレーオフの展望」というテーマで取材を受けて熱く語っていた。取材が終わった今野が横に座ってきて何悩んでるのかと思ったら「今日、トークライブで塚地さんと何を話そうかと…」「えっ、もう決まってるの?!」 そのとき高橋には今野から「塚地さんが暇らしいんだけどどうしようか?」ってメールが届いていたらしい。「暇そうだから仕事あげようかなと」タクシーで拉致。そのタクシー代の一部でギャラ300円もらったから、しゃべるよ!
・バイタスは初めて。聞いたこと無く名前からカクカクしたイメージ。近所の喫茶店の一室が楽屋でビックリ。
・お笑い大好き。日比谷でも3時間ずーっと袖にいて見てた。バカ爆に出ていた頃は袖の幕に穴をあけて舞台を覗いてた。

・キングは1期下だからすべての経歴を見てる。
高橋は塚地と同期の子と漫才をやっていて、そのあとピンになって「たかはし」または「タカハシ」。「タンクトップでツートップ」とかダジャレを言う。漫才は世間を斬るけど説得力がなかった。今野は最初の「ちりとり」というコンビを見た。どシュール。司会のツインカムさんにどう?と言われて「俺をいじるな」。すごいとんがってた。初舞台のときお茶を持って出てきた。さっきのガッポリ建設のように。
・超初期の話に頭抱えて恥ずかしがるキングオブコメディ(笑)
・高橋はピンのときはバカ爆は準レギュラーで月1出れたらいいぐらいで塚地さんと絡むことがあまりなかったのに、今野に相方がいるのに寝とってモノにする形で急に次の月から出るようになったから気まずかった。パフィーというコンビ名。

・塚地のJCA時代
席が近かったヨシムラというやつと仲が良くなって初コンビ「ツートンカラー」。
どちらもボケをやりたがって譲らず、毎回1人1本ずつネタを作ってきてネタ見せで2本やるが相手のネタでは手を抜く。どっちのネタが面白いかみんなに決めてもらおうと相方が言ってきた。決闘。そしたら全員が塚地のネタを支持。嬉しいけど気まずい。もうやってられんと解散。彼はその後パンダの人形相手にネタをやっていた。俺の替わりがパンダ。
鈴木は最初は男3女1の4人組だった。そのあと、24歳でちょっと大人でお笑いもたくさん観てきている塚地が授業では前に出ず斜に構えていたら同じような体勢でいた鈴木を似てると思ってコンビに誘った。でも鈴木は単に面白いことが言えず素でいただけだった。(ここはわりと有名な話ですね)

・「タチの悪い天然」鈴木エピソードの数々
ネタを作ってきたらどうしようもないシモネタ。
単語帳でボケに対するツッコミ暗記。
収録でカメラが廻ってるのに持ち込んだペットボトルのお茶を飲みながら相づち。
別の収録の合間にはタマゴボーロを食べている。
波8のとき、鈴木だけ暗転板付きで始まるコントだからディレクターが「俺についてこい」って立ち位置まで連れていって明転したら鈴木がいない! 「ついてこい」って言われたからって一緒に袖に戻ってきてた(怖)。
「うまくまとめて次へ」ってカンペをそのままマイクを通して読んじゃう。
…つくづく鈴木は塚地と出会った幸運で生かされてるよなぁ。

・バカ爆しか仕事が無かったころと売れてからの違い(高橋からの質問)
常に見られている感覚。特に名前が同姓が親戚しかいないぐらい珍しいから出前とか取るのもすぐわかってやばい。
初めて会った親戚の子に、その子たちも塚地姓なのに「つかぢ? ほんとにつかぢなの?」と不思議そうに尋ねられた。「つかぢ」って生き物みたい。

・キングがインタビューとかでドランクの1期下だと言うと「えっ、もっと離れてるんじゃないの? ソコなのにまだソコなの?」と言われはしないが微妙な空気になる。

・鈴木が博軍団(ロバート山本、アンガ田中)にいる。会合では居酒屋で3人で黙ってPSPをやってるらしい。山本が電話している横で田中と鈴木がフラワーロックになってるらしい。
高橋もよくある名字だしって鈴木に誘われていて田中とは仲良いが山本と面識がないから躊躇してる。
塚地「潜入してきてくれ」高橋「じゃあ潜入してトークライブで発表します」
・(このトークライブについて)このネタ飽食の時代にトークだけでやで? ふたりの素が好きって来てくれるんだから大切にしないと!


第3回トークライブは10/30@新宿村スタジオ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。