info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
審査も観覧もはずれたので、ふれあいホールの上から見物してきた。
立見でも意外に疲れないという新発見。
大型モニターが設置されて、ネタをより楽しみやすくなっていた。無料で至れり尽くせり…。
出場者名も紙はり出しではなくモニターに流れるテロップ表示で発表。まぁ、これはまとめて把握できなくてちょっと見づらいが。


30日1部出場順とちょっとネタバレ
(結果は書いてないし観覧のときよりアバウトな感想です)↓





前説:青春バニラ
1.ラバーガール
2.佐久間一行
3.カオポイント
4.オードリー
5.つばさ・きよし
6.鎌鼬
7.超新塾
8.360゜モンキーズ
9.ほたるゲンジ
10.ダークホース

でした。

ラバガ、C大会を狙えるかどうかを占う勝負の回ですな。ネタは友達に泊まるよう勧めるやつ。ホープ大賞でやった?
初出場の鎌鼬、初めて見たけどキモオモシロかった。家庭教師のコント。
あとは佐久間の登山、オードリーの怖い話もよかった。(私はね。結果は別として)

超新塾の審査のとき、違う色のボールが1個流れてきて確認に手間取って、一瞬「では、この1個も票として入れていいですか?」という流れになった後、実は間違えたことに気づいた人が慌てて正しい色のボールも続けて流したことが判って違う1個は無効になったんだが。1個差で明暗がわかれることも多いんだから審査員もスタッフもしっかりしてくれ!って思った。違う色も有効にしちゃったらKB増やしたい組に余ったボールをわざと流す人が出てきちゃうだろーがー。

360゜モンキーズ杉浦はトークでドラマ「お金がない!」のときの東幹久モノマネ披露(細かすぎて…)。
ダークホース山出は東京ドームで掛布氏に遭遇、彼をガードする人にぶつかられて、それに気づいた掛布氏に「大丈夫ですか?」と声をかけられ、ここしかないチャンスだ!と得意の掛布声マネで「大丈夫ですよ…」と返してビックリされたらしい。
カオポイントのどっちかが塚原アナと近所。自動的に東京03飯塚さんとも近所。

前説の青春バニラは年齢アピール(20歳と19歳)がちょいウザ(笑) 面白さのみで勝負しろーい。ていうか今まで本戦に現役高校生の10代も出てるから19ぐらいでは客反応が薄くても仕方ないのよね。前説はネタは短めに切り上げるのに本戦組並みに長くやってたのも余計に図々しい印象になっちゃった。


背後でオンバトおなじみ芸人さんも何人か見物してた。
あれは何? 応援? 勉強? 偵察? (出場芸人と)待ち合わせ?


ついでにこちらは観てないけど2部出場者リスト(五十音順)。

あれきさんだーおりょう
大輪教授
クルクルキューティクル
ストリーク
スパローズ
ナナイロ
ハレルヤ
パンクラチオン
Bコース
ミスマッチグルメ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。