info
  • 相変わらずお笑いファンとして生きています。2009年後半~長きにわたり更新できませんでしたが、2011年中の再開を目標に工事中状態となります。公開していたエントリーを一旦取り下げたりしてブログとして不恰好に見にくくなるかもしれません。申し訳ないです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U-1グランプリ。
M-1グランプリやR-1ぐらんぷりとは無関係な(でもパッと見でのインパクト、引っかかりは絶対狙ってるよネ)、放送作家の福田雄一とマギー(児島雄一)のコントユニットです。
読み方は「ユーワン」グランプリで良いらしい。てっきり「ユーイチ」グランプリだと思いこんでた。
その旗揚げ公演『取調室』。来週21日まで続きますが私個人的にこれからしばらく単独ライブラッシュで、観たもの即座に書いておかないとどんどん忘れる可能性大のためメモ。これから観に行く方はネタバレにご注意を。



ジョビジョバ活動休止前の『Simple Soul』以来4年3ヶ月ぶりのマギー作コントライブということで、半年以上前に【コントやります】とあった仮チラシを手にした時点で「見逃せねぇ」と思ってた。
でもコントライブとしてもTHEATER/TOPSでうつ芝居としてもやや割高な価格設定(5,250円、当日5,500円)が強気だね。


U-1グランプリ case01『取調室』@新宿THEATER/TOPS
3/15 19:00-20:4?

共同脚本・共同演出:福田雄一 マギー
出演:マギー 佐藤二朗(ちからわざ) 八十田勇一 徳井健太・吉村崇(平成ノブシコブシ) つぐみ 福田雄一

http://www.u-1-gp.com/
http://u1gp.blog94.fc2.com/←当日券情報
※座席はA~C列までフラットなベンチ席、D列からパイプ椅子ひな壇。カミテ端の席番は12(後方はもっと大きい数字があるかも)。見やすいのはセンター~カミテ寄りのような気がしました。


舞台装置は刑事ドラマでよく出てくるような取調室だけ、取調室をテーマにした「ワンシチュエーションコント集」。
コントの合間に、何でも放送作家に投げっぱなしで、お蔵入りになるとパスタ1つでギャラ代わりに済まそうとするテレビプロデューサーから「特番で取調室コントだけで2時間」という難題を吹っかけられてパソコンを前にして頭を抱えてる作家、その台本を催促にくるADの芝居が入る。つまり10数本の取調室コントはこの作家が苦しんで産み出したものというテイなのですね。
役柄は入れ替わり立ち替わり組み合わせも色々で、刑事と犯人、イメクラ店員とその客などさまざま。場面転換がスピーディーで良い。早替え大変そうだけど。
爆笑はないけど終始笑っていられるコントたち。


↓●…取調室コント(タイトルはテキトーにつけた)

●池袋に詳しい男 :吉村(無実を訴えるが話の登場人物がどんどん増えて支離滅裂) マギー・徳井(刑事)  つぐみ(記録係だが仕事中にブログ更新)
◎オープニング :いかにも刑事ドラマっぽいテーマ曲に乗せて壁面全体に映し出される名前、その前でアクションの途中でストップしてポーズする出演者。カッコイイ!
●刑事昇格試験 :マギー(受験する部下) 八十田(試験官上司) つぐみ(バンドマン今カレを殺した容疑。部下の元カノ)  取調室の外で騒ぐ声。
●イメクラ取調室 :徳井(店員) 佐藤(犯人役の客) 八十田(トレンチコートにサングラスの一番人気刑事役)
◎作家の苦悩1 :マギー(作家) 佐藤(プロデューサー) 福田(作家仲間)  …マギー、「ドリフのもしもシリーズ」を噛んでしまい「もしものドリフ」と言うハプニング。
●言えない :佐藤(息が臭い刑事) つぐみ(顔にワカメがはりついている犯人) 徳井(鼻にでっかい鼻クソがついている刑事)  …お互いのヘンなところが気になってるのに指摘できず取り調べが進まない
●ロボット刑事(デカ) :福田(ロボット刑事) マギー(痴漢の容疑) …痴漢現場再現で犯人の股間ばかり狙うロボットデカ・ゲイ。いちいち動きがヘン。唐突にサンバな音楽に乗せて登場する八十田・徳井(股間に詰め物をした真っ白のタイツにフリフリなシャツ)を従えて踊りまくるロボデカ。
●湯河原の妻 :つぐみ(夫殺しの容疑) 佐藤・吉村(刑事) …女が自供で生い立ちや出会いを詳しく話すが事件の核心に近づくと端折ってしまう
◎作家の苦悩2 :マギー つぐみ(AD)
 ~ニューヨーク警察コント(佐藤、福田) …ヒゲはやしてアメリカンジョーク
●取調室見学(オリエンテーション) :徳井・吉村(新人刑事) 八十田(ベテラン刑事) …初めて取調室に入ってはしゃぎまくる新人刑事たち。2本目の刑事昇格試験の外で騒いでいた声の主か?
◎留守番電話の声 :平泉成(本物)からの伝言「U-1観にいけないけど、私をモデルにしたコントはやらないでほしいなぁ」
●平泉成ダブル :八十田・マギー(平泉成モノマネの刑事役) つぐみ(犯人役) 徳井(イメクラ店員)
●一日署長 :つぐみ(ゆうこりんぽいキャラで売り出しているが実はいい年のアイドル。一日署長) 福田(付き添いの刑事) 佐藤(刑事) 徳井(犯人) …取調室に乱入してきた一日署長「プチプチウェーッス、ウェースウェス☆」
◎作家の苦悩3 :マギー つぐみ  ↑これの激しい動き直後でゼイゼイ言ってるADつぐみ「やらされる演者さんがかわいそう!」
 ~あぶない刑事コント(佐藤=舘、吉村=柴田「カンケイないねっ」) プロデューサー佐藤「特番6時間にしよう! だから、あと40本書け」
●盗塁王 :マギー・吉村(刑事) 八十田(窃盗の容疑) つぐみ・徳井(盗塁王ファンの職員) …犯人は塁を盗んだ盗塁王だと決めつけていく刑事、写メを求められるスター扱いの犯人
●○ン毛 :マギー(殺人の容疑) 八十田・吉村(刑事) …被害者の上で発見されたチン毛は犯人のものだ、違うで言い争い。「チン毛」連呼。
◎作家の苦悩4 :マギー つぐみ  …↑だんだん書いているコント世界が壊れてきている。
●取調室ダウトを探せ! :マギー(司会) 吉村・徳井(回答者) 八十田(刑事役) 佐藤(犯人役) …取調室のおかしいところを当てるクイズ番組。ここで徳井→佐藤「犯人が田村正和」、吉村→八十田「刑事が窪塚洋介」といった回答がお題になって日替わりアドリブのお楽しみらしい。佐藤、田村正和マネで今泉君と言うつもりが西村雅彦がぁ…になってグダグダに。八十田、なぜかオカマっぽい口調の「クボヅカヨウスケですっ」。元気いっぱいハイハイ!と手を挙げて答えるがスベりまくる吉村キャラ。不意打ちで当てられて呆然と「パ、パス!」 これもアドリブ風だけど決まってる流れじゃないかな?
◎作家の苦悩5 :マギー つぐみ 福田  …更に書き出すコントが苦し紛れ。
 ~泣きながらサッカーユニフォームを着た徳井・吉村が入ってくる→部室コント
 ~鳥の格好をして「ぴーひゃらら」と鳴いている佐藤、その後ろでユニフォームのまま「ぴーぴー」鳥になる徳井・吉村→鳥の調べ、とりしらべコント
 


エンディングで。
八十田、開演前にケンタのチキン食べたせいでずっとゲップが出そうになっていた。
マギーは先輩である佐藤に今朝、「鳥、もっとちゃんとやってください」とダメ出し。
ノブコブ単独ライブはシアターアプル座席数800、今日のお客さん全員に来てもらわないと埋まらないので来てください告知。(大丈夫なのか? その「御コント」チラシはポケットティッシュ)



やっぱりどうしても、あーこの取調室コントの数々をジョビジョバの面々で観たい!!とか考えちゃって元ヲタは未練がましくていかんのねー。でもマギーらしいコントだし、八十田・佐藤はさすが巧いし、体型がマンガ的な福田と紅一点のつぐみは巧くないけど良いスパイスで。全体的にとても楽しかった。
ノブコブもちゃんと与えられた役割を演じられていて良かった(カツゼツ悪くても)。そうだねぇ、例えば今夜の「うたばん」で何もできなかった徳井にモヤモヤしたファンなどは「取調室」は観ておくべきかと。徳井の腰振りダンスは見せ場だし二人ともメガネ&スーツが決まってるし演技面でも見どころ多いです。どちらかというと苦手なコンビでしたが、かわいさや魅力的な面が解ってきました。

エンゲキ寄りなコント好きでお財布とお時間に余裕がある方はぜひ。

追記:U-1グランプリDVD化予定とのこと。

U-1グランプリ CASE01『取調室』U-1グランプリ CASE01『取調室』
(2007/08/17)
U-1グランプリ

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。